動きたいけど動けない30代40代女性へ

直感開発カウンセラー ヒューズ夕子


コメントする

寄り添う事

10月に入ってからちょっと忙しくなり、なかなかゆっくりする時間が取れなくなっていました。

 

「リラックスする時間が欲しい!」

 

と思った時は子供を夜寝かしつけた後、1、2時間程度自由時間を取ることは可能なのですが次の日の事を考えるとそうそう好きな事が出来るわけではありませんでしたあせる

 

そして今週に入り更にやらなければならない事が増え、かなり精神的負担が大きくなっていたのです。

 

結構自分のキャパシティーを超えてきていると感じたので、今日は思い切って体を休めることにしました。

 

そこで瞑想をしながらなんとなく自分を感じていると、今の私は自分で認識していた以上に世間一般で認識されている

『今現在の私』

という状態にのめりこみ過ぎていた事に気付きました。

 

 

それと共にはっきりと認識したのは、私は生まれてからずっとそうだったことです。

 

ずっと今回生まれてきて体験したこと、それだけを尺度にして自分というものを見てきたのです。

 

本当は生まれる前の純粋な魂の状態が本当の私なのに、いつの間にか『YUUKO』という名前を持ち日々生活している私を

 

「これが本当の私」

と思い込んできたのですガーン

 

今までの自分が、いかに狭い視点で自分自身と言うものを見てきたのだとよ~くわかりました叫び

 

そして、またまた気が付くと自分の欲求を無視して頑張りすぎそうになっていたのですが、以前と違うのはそう言った本来の自分とは違う流れに行きそうになった時に気付くのが早くなったようですチョキ

 

それと共に「どうしてまた自分のキャパを超えるような状況を選択してしまったのか?」

と自問すると、

 

 

 

 

『自分の人生を信頼していないから』

という答えが帰ってきました。

 

そうか…私はまだ根本的に自分と、自分の人生が信頼できるものだと思っていなかったのか…

これでは、いつまでたっても周りの状況に振り回されるだけですあせる

と言う訳で、これからはもっと自分の感覚、そして自分の人生の流れを信頼しよう!と思いましたドキドキ

 

イメージで言うと、自分自身が自分の人生の流れにそっと寄り添う感じです。

でも、決して無理はしない。

 

自分に余裕がない状態では決していい選択も、いい仕事も出来ないからです(そして子育ても)。

 

自分を常にベストな状態に保つと言う事は、決していつも自分の力を出し切ることではないのです。

 

「ここぞ」と言う時は自分の力を出し切って、疲れたら休む。

 

「これは自分にとっていい選択ではないな」と感じたら『NO』と言う事も大事です。

 

これも、自分と自分の人生を信頼する事だと思います。
そんな訳で、これからはもっと自分に寄り添って生きていきたいなと思います音譜

広告


コメントする

「ありがとう」という魔法

今日、久し振りに テレビ東京の カンブリア宮殿 を見ました。

 

今日はヤマト運輸の会長のお話だったのですが、そこで印象的だったエピソードがありました。

 

それは、クロネコヤマトの事業が初期の話です。

従業員にいわゆる『トラック野郎』な方々を採用したそうなのですが、皆それまでだた会社の指示に従ってただ荷物を運び、感謝されることなどなかったそうです。

でも、クロネコヤマトで一般の家庭に荷物を届けるとそのおうちの人(とくに女性)が

「ありがとう」

と言ってくれたのです。

 

それまでそんな言葉を言ってもらった事などなかった従業員の方々はとても感動し、仕事に対してのやる気も上がったそうです。

 

確かにそうですよね(^O^)

誰だって自分がしたことで 「ありがとう」 と言われれば嬉しいですよね♪

 

私も 「ありがとう」 と言われれば嬉しいです。

特に自分が一生懸命やっていることでそう言われると、本当に嬉しいですよね(^O^)

 

そして最近は、誰かに私の間違えを指摘された時には

「すみません」 とは言わずに 「ありがとうございます」 と言っています。

 

それは

「私の間違いを指摘して下さってありがとうございます。お陰でもっといい選択(仕事などもろもろ)が出来ます」

と言う意味です。

 

どちらの方が言われて嬉しいですか?

 

「ありがとう」 って本当に前向きな言葉ですね!

 

「ありがとう」のマジックを皆で拡げられるといいですね☆

 

 

 

 

 

 

 


コメントする

感じきる

今日は自分の中にある抑圧された感情と想いを、ほんの15分程度ですが思いっきり感じてみました。

 

すると、自分で思っていたよりも芋づる式にどんどん出てきます(^_^;)

 

感じれば感じるほど、その想いを受け入れれれば受け入れるほど、自分が39年間でどれだけのものを抑圧していたのかわかります。

 

普段はなかなか時間が取れないので、なかなかそこまで感じきることが出来ないのですが、お休みの日は少しだけゆとりがあるのでいいですね(^O^)

 

今日はいつもよりおおげさなくらい感じてみたのですが、不思議と思いっきり感じた後はそれに付随した出来事を冷静に見直すことが出来るのです♪

 

そして、自分の事ももう一度見直そうと思えるようになりました。

 

家族間の中で受けた評価、そして自分で受け入れたそう言ったものを見つめた先に、改めて自分の中にある自分を客観的に見ることが出来るようです。

 

それは、いい悪いではないのです。

 

ただ自分を客観的に見つめ、自分の好きなところは伸ばし、自分の苦手部分にどのようにアプローチすればいいのか…

 

そんな考えになってきます。

 

とにかく、嬉しいのは自分の中にある隠れた想いや感情を自分で認められることです。

 

そんな自分を受け入れ、感じきると自分に対する安心感と信頼感が育っていくようです。

 

そして、自分な中にあったブレーキのほとんどが両親から受け継いだ思い込みであることもよくわかってきたのです。

 

まだまだ色々出てくると思いますが、今はだた自分を感じられる事が嬉しいです(^O^)

 

では、お休みなさい☆