動きたいけど動けない30代40代女性へ

直感開発カウンセラー ヒューズ夕子

変化の波

コメントする

最近、私の周囲にも様々な変化を体験している人が増えています。
 
その大きさはさまざまだけど、皆に共通するのは「自分にとって一番大事なものは何か」自問せずにはいられない状況に身を置いている事。
 
その上で不安や怖れより、本当の自分の声に耳を傾けようとしているのだと思います。
 
心の奥底にある傷が深ければ深い程、そこで生じた感情的なもつれをほどくのには時間がかかります。
 
「もう傷つきたくない」と思っている自分が抵抗してくるので、もつれをほどく過程では傷付いた当時の様々な感情が浮上してくることもあります。
 
もしくは今現在の状態そのものが心の傷を作る、もしくは傷を深める原因になっているのならば「自分を大事にしてもいい」という認識を深めていかなくてはならないのです。
 
今、もしも自分が窮地に立たされていると感じているならば、それは本当は恩恵なのかもしれません。
 
なぜなら、知らず知らずに間違った方向に進んでいた自分の道を修正することが出来るからです。
 
 
まあ、精神的にキツイかもしれませんが…
 
 
精神的にキツイのはこれまで自分の中にある「こうあって欲しい」という期待を手放さなくてはならないからです。
 
自分がこれまで「正しい」と信じてきたことを手放さなくてはならないのって勇気がいりますよね~(>.<)
 
 
私はそんな大きな変化を二年ほど前に体験しました。
 
その時は辛くて辛くて苦しかったけど、気が付けばその大波を乗り越えていました。
 
なんとか乗り越えられたのは「絶対後戻りはしない」という気持ちがあったからです。
 
 
そして今、また自分の枠を外すために色々起きています(^‐^)
 
変化への抵抗を捨てる。
 
これが大事なんでしょうね。
 
そう言えば、この前ユニコーンのつぶやきが聞こえてきました。
 
「なんで人間がこんなに細かいことで悩んでいるのか理解できない。
 
 もっと楽に構えて望むものを優しく包み込むようにして、そこに自分の願望と喜びのエネルギーを注いでいけば、どんなものでも簡単に叶うのに」
 
そして、そうしたあとはその願望とエネルギーを解放するのが大事なようです。
 
 
願望に執着しすぎると、自然な流れを止めてしまうのでかえって叶わなくなってしまんですよね。
 
要するに「こうならないと幸せになれない」という思い込みを手放さなくてはならないのです。
 
幸せになる為に条件付けをしなくなったら…どうなるのでしょうか?
 
想像してみて下さい
 
 
では、また☆
  

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中