動きたいけど動けない30代40代女性へ

直感開発カウンセラー ヒューズ夕子


1件のコメント

新たなゴール

ずっと、これまで自分がやってきたヒーリングやリーディングとは違う形態のセッションを模索中だったのですが、やっと「これ!」というものが現われてきました(^0^)
 
これまでのセッションでは一回にクライアントの中にある不要なもの(ごみ箱に溜まったごみの数々だと思って下さい)のいくつかを取リ除き、そのごみを作り出す原因となっている思考パターンからクライアントが抜け出せるようにするのがやっとだったのですが、私が今日「これ!」と思ったセッションを可能に出来れば、一回のセッションでこれまでの何倍、もしくは10倍もの効果をあげられるようになるかもしれないのです!
 
このアイデアが進化すれば、一人一人が制限に満ちた思考パターンから完全に解放され、それぞれのオリジナルな生き方を作り出せるようになるのです。
 
その為に必要な最初のステップは、「自分がオリジナルな生き方をすることが可能だと知ること」
そして「私はオリジナルな生き方をしてもいい」と自分自身に許可を与えることです。
 
自分自身で許可を与えることをせず、誰か他の人が許可してくれるのを待っていたら、私達は一生それを実現することはないでしょう。
 
だから他人の意見だけに頼らず、「自分が幸せになる為の方法は自分で選択する」という勇気が必要なのです。
 
 
沢山お金を稼いでも、必ずしも幸せになれるわけではありません。
 
一流企業に勤めたからと言って、その人の霊性が高まるわけでもありません。
 
目に見える物事だけで優越を図ろうとしても、いつも焦りと不安を抱えて心が休まることはありません。
 
 
私達が心から幸せと喜びを感じる為には、自分の本質と深く繋がり、それに基づいて自分の現実を作り出す事が必要不可欠なのです。
 
 
皆が自分の本質と繋がり本当に自分が望む生き方を実践出来るようになったら、この世はどうなるのでしょう?
 
凄く楽しいと思いませんか?
 
それとも、制限がある世界が懐かしい?
 
 
話が長くなりましたが、私は人生の新しいゲートを開いたようです
 
さーて、新たなゴールに向かって出発します!
 
広告


コメントする

色々!

今週は二人の方にモニターになって頂いて、遠隔のワークをしました(^0^)
 
 
どのセッションもリハーサルなし、ぶっつけ本番。始めるまでどんなものになるのかわからないので、いつもドキドキしているのですが、そこがまた楽しくもあります。
 
一つとて同じセッションはありません。相手の状態を見ながら、手さぐりで、直感を駆使しつつ進めていきます。
 
そのライブ感がたまりません!
 
まるで波乗りの様です。初心者が覚えるべきコツのようなものはあるかもしれませんが、マニュアル通りにすればいいというものはありません。
 
瞬間瞬間に焦点を当て、瞬間瞬間に気持ちを込めてセッションします。
 
相手にとって、一番いいセッションになりますように。いつもそう祈りながらセッションを進めていきます。
 
それでも、相手のエネルギーがあまりにも停滞していると、一度でそれをクリアにすることが難しいことがあります。
 
 
そんな時も、その時間で出来る全てのことをするのが大事だと思うのです。
 
結果に囚われず、自分の全力をそこに注ぐ。
 
それは自分のエネルギーの全てをそこに注ぐと言うより、だたその瞬間、どれだけそこに集中するかということだと思うのです。
 
 
私の元々の性格か、後天的な性格かわかりませんが、気が付くと色々な事を考えてばかりでクヨクヨしやすい部分があります。
 
要するに、常に心が過去か未来に飛び去っているのです。
 
これが「今に生きる」事の真逆な状態です。
 
でも、リーディングやヒーリングのセッションをしている時は、常に「今に生きる」「今、ここに居る」状態になれるのです。
 
 
だから、私はスピリチュアルなワーク、セッションが大好きなのだと思います。
 
その時は心があちこちにさまよいません。
 
心がぶれないのです。
 
「相手にとって一番いいセッションにする」という目的が自分の軸にあり、それに意識が集中しているからそうなるのだと思いました。
 
 
「自分の軸」を保てる時、私達は本来の力を発揮し自由に生きられるのだと思います。
 
でも、その方法や道は千差万別。
 
だから、皆「オリジナルの生き方」を学ばなければならないのだと思います。
 
と言うより、思い出すべきなのでしょう。
 
自分の本質に従った生き方を実践すれば、おのずとそれが「オリジナル」になるからです。
 
それは、常に「いつも同じ事をする」と言う訳ではありません。
 
「臨機応変に生きる力、応用力が必要な環境に身を置く」という事がオリジナルな生き方に必要な事だと思うのです。
 
 
皆が同じ様にふるまう必要はないのです。
 
平均的な生き方をする必要もないのです。
 
ただ、「本質的な自分」と「現実社会で生きる自分」とのバランスを取ればいいのではないのでしょうか?
 
 
そのバランスを取るために必要なアクションを自ら起していく。
 
これが、2010年、私達に課せられた課題なのだと思います。
 
 
私達の集合意識が設けた限界に沿って生きるのには限界が来ています。
 
一人ひとりが建前ではなく、自分の中にある真心に沿って生きていく時代が来たのだと実感しています。
 
 
キャー、これからが本番ですよ!
 
これこそ、エネルギーレベルのジェットコースター!?
 
 
 
 


コメントする

お楽しみ

今週、シータヒーリングのセミナーで知り合った女性に私が開発中のワークのモニターになってもらうことになりました(^0^)
 
彼女の初めて会ったのは昨年の5月だったのですが、お互いに不要な信念を引き抜き、書き換えを行ってきたせいか、彼女のエネルギーもどんどんと輝いてきているように思います。
 
しかも彼女、昨日行われた「イシス神殿」というイベントに参加してきたということで、気持ちもルンルン♪、軽やかだというので、どんなセッションになるのか楽しみです。
 
私の方はここ二週間ほど色々なブロック開放ワークを受けていたので、すっきりしているのかな?
 
昨日の夜はお酒を飲みながらのんびりテレビを見ていると、自分が天界の綺麗な波動と繋がっているのを感じました。
 
その時感じた波動を、今度のセッションに降ろせたら嬉しいです
 
 
私が今やりたいと思っているワークの一つに「純粋な喜びのエネルギーで相手を満たす」というのがあるのですが、昨日感じた波動は、それに近いものがありました。
 
軽くて、開放的なその波動を、沢山の人に体感してもらえたら…絶対楽しいと思うのです。
 
では、そのうちモニターのかたの感想などもお伝えしたいと思います!


1件のコメント

練習中♪

先週の水曜日、お世話になっているJさんにお会いしてきました。
 
そこで色々話して、最近自分が感じていたことの確認がとれました(^0^)
 
何にしても、これから大きな変化の波がきていることは確かなようです。
 
その波にのまれない様にするために、しっかりとグラウンディングすることが大事だと言われました。
 
要するに自分の足元を見て、恐れず、慌てず、舞い上がらず確実にやっていくということです。
 
 
よく言いますよね。「調子のいい時ほど足元をしっかり見ないと、駄目だ」って。
 
と言う訳で、これからはもっと地に足着けて、家事も頑張ります(?)
 
最近頭の中がHPのことなどで一杯なせいか、部屋の片付けなどは二の次になってしまって…
 
しかも、片付けても子供がすぐ散らかすので、だんだん「まあ、いっか」となってきたのは主婦として反省すべきですね(>.<)
 
 
一度自分のペースを緩めて、本当に忙しくなってきた時のために色々準備しておかなくては!
 
あとは、新しく開発(?)しているワークの練習も、少しずつしていきたいです。
 
先日シータのセミナーで知り合ったひとりの方にモニターになってもらい、コールインメソッド(遠隔のセッションをリアルタイムではなく、あらかじめ相手の希望する日時に設定し、その時間に相手がヒーリング等受け取れるようにしておくもの)の設定をしておいたのですが、今夜、それを相手が受け取ることになっているので楽しみです
 
十日程前にも別の方にお願いしてモニターになって頂いたのですが、自分で意図してすべてのエネルギーを流すのではなくて、全体のバランス、調和をメインにワークしたらとても面白いものになりました。
 
今回のは前回のものとまた少し違ったものになりました。
 
「相手が必要としているメッセージがありましたら、相手がそれを受け取れるようにして下さい」とお願いしたら、沢山のメッセージがやってきて、エネルギーワークというよりチャネリングセッション&ヒーリングのようになっていました(^‐^)
 
言葉を全部ノートに書いたら結構な量になりました。
 
面白いな~。
 
 
次の練習はいつ出来るかな♪
 
自分の意識をもっと上げて、シンプルかつで愛に満ちたセッションにしたいです☆
 
 


コメントする

「いい人」にはなれないの

今日、自分を試すかのように、はっきりと「NO」を言わざるを得ないことがありました。
 
知人が知り合いの方をクライアントとして紹介したいとおっしゃってくれたのですが、話を伺ってみると私の力では対応出来ないような事例だったのです。
 
少し迷いましたが、お断りさせて頂きました。
 
もしかするとその方をお受けすることで勉強になるかもしれません。
でも、私のヒーリングが上手くいかずに相手の精神的ダメージが、更に加速するかもしれないのです。
 
私は医者ではないので、相手の病気を治すことは出来ません。
 
自分で責任が持てない依頼をお受けするのは、相手に対してとても失礼だと思ったのです。
 
 
私が出来ることは、普通に生活を送っている人があらゆる悩みや混乱が生じた時にその問題から離れ、自分自身をもう一度見つめなおす為のお手伝いをすることです。
 
クライアント本人が最終的に自分で気付き、選択して、自分で行動出来るようになって頂くのが一番だと思うのです。
 
ですから、その段階に達するのが現時点では非常に困難、精神面での負担が大きすぎると判断した場合にはお断りすることに致しました。
 
 
やはり、背伸びはいけません。
 
でも、これが10年前の私なら悩みながらも受けただろーなー(笑)
 
『いい人になりたい病』と『助けてあげたい病』にかかっていて、誰かが問題を抱えていると「私が聞いて聞いてあげなきゃ、私が助けてあげなきゃ」と脅迫観念的に思っていました。
 
しかも「いい人」でいたいが為に断れないんです(苦笑)
 
でも、今考えてみればそれはあくまで自分のエゴで、全く相手の役に立っていなかったんですよねー。
 
 
単に、嫌われたくなかっただけ。
 
皆に好かれないといけないと不安だったので、そう言う態度を取っていただけなのでした。
 
 
でも、今ならそうならないで済みます。
 
「いい人」であることで起こるメリットよりは、自分に正直な人であることのデメリットを選びます。
 
何を選んだところでメリットもデメリットも存在するのです。
 
「いい人」である為に余計なエネルギーを使うくらいなら、本当に自分がやりたいことにエネルギーを使いたい!
 
 
私は本当にやりたいことは、ヒーラーとして自分が「これっ」と思うヒーリングを形にしていくとこと、沢山の人を喜びを分かち合うこと。
 
そして自分の内面を最大限まで引き上げていくこと。
 
プライベートでは母として子供と幸せな家庭を築いていくこと。子供の成長を側で見守ること。
 
これだけですV(^0^)V
 
 
簡単じゃないけれど、やりがいは十分ですよね
 
そういう訳で、やっぱり「いい人」にはなれません!