動きたいけど動けない30代40代女性へ

直感開発カウンセラー ヒューズ夕子

小さなご褒美

コメントする

今週は昨日、今日と子供が風邪で幼稚園をお休みしました。
 
しょっちゅう鼻水を垂らして、咳も頻繁にしています。目がうるうるしています。
でも、熱はないのでベッドで大人しく寝ていてくれるわけではありません。
 
幼稚園まで子供を送りに行かなくていいのは楽でいいのですが、その代わり一日中子供の相手をしなければならないので大変でした。
 
テレビで子供向けの番組をやっているうちはいいのですが、朝は9:30で(ケーブルテレビに加入していれば別です。単に我が家は節約生活中なのでケーブルテレビが見れないだけです)子供が見れるような番組は終わってしまいます。
 
その後はずっと子供の相手をしつつ、家事もこなさなければいけません。
 
食器を洗う合間に恐竜のまねに付き合い(肉食の恐竜から逃げたり、戦わなくてはいけないのです)、洗濯の合間にお絵かきや工作を一緒にやり、お昼ごはんを作りつつ一緒にDVD(恐竜関係のものなど)を見なければなりません。
 
午後は、なかなか日の当たらないもの干し場(周囲の関係で午後1時過ぎまで日が当たらない場所にあります)の洗濯ものを少しでも早く乾くように位置を変えたり、子供が散らかした部屋を片付けたりとなかなか休めません。
 
子供が一人で遊んでいてくれる内に夕飯の下ごしらえもしておかなくてはいけません。
 
休みたい、休みたいと思いながら、一息つけるのは午後4時過ぎてから。それでも一息つこうと思うと
 「お母さん、恐竜になって!」 と子供にせがまれたりします。
 
それに、二日間家に閉じこもっていたので、頭がぼーっとしてきました。いくら窓を開け放しても、外に出たのとはまるで違います。
さすがに新鮮な空気を吸いたくなりました。
 
そこで主人が学校から帰って来てから、車でビーチまで行ってきました(^0^)。
 
今日はお出掛けには最高の日でした。一日中日が差し、風もほとんどなく、最近にしてはかなり温かい陽気だったのです。
家にいても、換気の為家中の窓を開けてたにも関わらず、全く寒くありません。
普段は寒さを堪えながら結露対策のために窓を開けているのですが、今日は全くと言っていいほど風が流れないので驚きでした。
 
そんな訳で、夕方になって多少気温は下がってもそんなに寒く感じませんでした(と言っても私達は冬使用のジャケットを着ていましたけど)。
ビーチに着いて、まだ海の水がまだ砂浜を覆っていなかったので久し振りに砂浜に下りました(この海岸は道路より7、8メートル下にあります)。
 
うーん、なんて気持ちがいいのでしょう。
多少風が冷たいのですが、静かで人気(ひとけ)がほとんどない砂浜を歩くのは最高の気分です。
 
海岸線に近い空は夕日のお陰でピンク色に染まって、そこにかすかに黄色がかった淡い水色、そしてそれより微かに濃い水色がグラデーションになって存在しているのです。
 
海水に濡れた砂も、ピンク色、水色。見る角度によって色が違うのです。
 
なんてロマンティックなんでしょう(^0^)。
 
周囲を囲う丘の西側も、夕日に染まってピンク色です。
 
 「あーこんな景色を眺めながら、シャンパンでも飲みたい!」 そう思いました。
 
だって、ビーチの脇にはカフェや、レストランバーが並んでいるのですよ! 店内では仕事が終わった(もしくは働く必要のない)大人達が、既にグラスを片手に寛いでいうのです。 
 
子供が一緒でなかったら、一目散にバーに駆け込んでいたかもしれません(^-^)。
 
まあそれは叶わぬ夢だったのですが、それでも新鮮な空気を吸い、ちょっと息抜き出来て何よりでした(^0^)。
 
今日の夕飯は手作りキッシュ(ハーフ&ハーフです)、インスタントのマッシュルームスープ、そしてキャベツとローストチキンの残りをオリーブオイルなどで和えて、にんにく風味のピタパンで挟んだもの。主人に好評でした。
 
なかなか寝ない子供を寝かしつけ(今日は一時間かかりました)、そんなこんなで一日が終わりました。
 
でも、それなりに穏やかに過ごせたのは夕暮れの小さなお出掛けのお陰。私にとってはささやかなご褒美を頂いた気分でした(^0^)。
 
 
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中