動きたいけど動けない30代40代女性へ

直感開発カウンセラー ヒューズ夕子

ハイヤーセルフに抱きしめられる

コメントする

それは私が悩みを抱え、ずっと解決方法を見出せずにいた時に起こりました。考えに考え、解決法を考えてもいい案が浮かびません。問題に対してAかBかで考えてもどちらも同じくらいデメリットがあるからです。

 それが自分だけの問題ならまだいいのですが、私の決断によっては私の周りにいる人にも迷惑をかけるかもしれないのです。本当に、「万事窮す」でした。

 とにかく焦って決断するのだけは避けようと思いました。迷いがある状態でなにかを選んでも、決していい結果を得ることが出来ないと思ったからです。

 それでも、時々そのことを思い出すととてつもない不安に襲われました。そして些細なことで傷つき、「私なんて駄目なんだ。なにをやっても上手く出来ない」と感じ、涙が頬をつたいました。

 その時です。突然、私にそっくりのエネルギーを持つ何かが私のことを愛情たっぷりに包むのを感じました。そのエネルギーは確かに女性的で、人間的で、天にいる存在というよりは自分と同じ目線で私のことを励まし、愛を与えてくれているのを感じました。

 その暖かいエネルギーに包まれて、私は驚きのあまり悲しむことをやめていました。

 「今のは何!?」 私は自分に訊きました。そして思ったのは「もしかすると、これは私のハイヤーセルフかもしれないということでした。

 その一週間後、以前参加したワークショップのトレーナーが企画したチャネリング体験会にいくことになりました。そこでその話をし、「その存在はいったいなんだったのでしょうか?」と訊いてみました。

 チャネラーはしばらく間を置いて「それはあなたのハイヤーセルフです」と答えました。

 
 以前読んだシャーリー・マクレーンの本では、ハイヤーセルフはとてもパワフルで神のような存在として描写されていたのですが、私が感じたハイヤーセルフはまったく異なるものでした。

 私にとってのハイヤーセルフは一言でいうと「在りのままの私を受け入れて愛してくれる存在」でした。

 ネガティブな感情に支配されて「どうせ私なんて」とつぶやく私を叱るのではなく、ただ抱きしめてくれました。「もっと頑張れ」とも言いません。それは母が、泣いている我が子を抱きしめるのに似ていました。ただただ涙を流す私にぬくもりを与え、無言で私を励ましていました。

 私は4歳の子を持つ母です。毎日我が子に振り回され、なかなか言うことを聞かない彼に怒りを感じたり、悲しくなることもありますが、それでも彼を見捨てずに母親業をこなしているのは私の核に、彼を愛する気持ちがあるからです。その気持ちと似ているなーと思いました。

 きっと、それが愛の原点なのかもしれません。

 生きているだけで素晴しいという存在に出会ったことがありますか?

 生きているだけで感謝の念を感じる存在を知っていますか?

 もしそんな存在に出会ったことがあるなら、あなたはすでに自分の核にある「愛」を大事に育んでいるのでしょう。
 
 
 どんなに逃げ出したい状況に陥ってもそれに立ち向かう勇気が欲しいと思うなら、自分の核に「愛」を持ってこなければなりません。なぜなら、自分の核に存在する「愛」が私達を動かし、前に進むことを可能にしているからです。

 ハイヤーセルフと繋がるということは、実は自分自身と繋がることなのです。そして自分自身と繋がるということは、「在りのままの自分」を受け入れることに他ならないのです。

 この世に生まれてきたことに感謝!

  yuuko

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中